年齢別人口より高齢者の住まいを見る

こんにちは、アクロスコーポレイションの高橋と申します。

今回のテーマは「年齢別人口より高齢者のいまを」をご紹介させて頂きます。

先日総務省より発表された、『我が国の高齢者(65歳以上)のすがた』を見ると
高齢者人口は、3286万人。 総人口に占める割合は 25.9%(過去最高)
4人に1人が65歳以上の高齢者です。
あまり驚くことではありませんが、再認識させられたのが、高齢者の就業率。

就業者数は年々増加傾向で、就業者総数に占める割合が10.1%(過去最高)
そして、高齢者の就業率は主要国で最高とのことです。
日本はまだまだ元気いっぱいな方が多いんですね。
8人に1人が75歳以上というのも気になるデータです。

気になる『高齢者の住まい』はいまどうなっているか?
・高齢者のいる世帯は、2000万を超え、過去最多
・増える高齢単身者世帯の共同住宅割合

高齢者単身世帯のうち、共同住宅に居住している人の割合は、38%(約4割)
高齢者の方々に配慮した住宅が、今後大切になってくると思います。

重要視する住宅設備としては
段差のない屋内、屋外、手すり、またぎやすい高さの浴槽などが挙げられていました。
こういった設備やバリアフリーにも対応している物件が多くなって、たくさんの方にお部屋を提供できたらいいなと思っております。
この機会に、住宅の見直しを考えてみてはいかがですか。

コメントをどうぞ