東日本大震災から10年です。

こんにちは

センチュリー21の中村です。

東日本大震災から10年が経ちました。

私は当時中学1年生で3月11日は3年生の卒業式があり、

自宅で友人と映画を見ていました。

映画が見終わると、お台場のビルから火が出ており、テロップには

宮城県で震度7の文字があり、大変驚いたことを覚えています。

津波の映像も生中継で放映され、自然災害の恐ろしさを感じました。

私は阪神淡路大震災の後に生まれたので、地震や津波について、

学校のビデオ学習などで知る程度でした。10年前のあの日は生きているうちは

忘れてはならない日だと感じています。

2016年にも熊本県で震度7の地震がありました。

まだ大学に入ったばかりでしたが、少しでも力になれればと

夏休みに1週間熊本県阿蘇地方にある温泉旅館でボランティア活動をしました。

地震に加え、大雨で土砂が流れ込み、床板の廃棄や物品の整理などを行いました。

実際に東日本大震災でボランティア活動をされた方のお話などもお聞きすることができ、

とても貴重な経験をさせていただきました。

東日本大震災以降、地震だけでなく大雨など被害の大きな災害が頻発しているように思います。

東海・南海地震も今後30年以内に発生する確率が高いとされています。

弊社としましても、築20年~30年の物件を数多く管理させていただいており、

今後発生するであろう災害に対する対策が急務となっております。

外壁工事などの見積などは無料でさせていただきますので、

この機会に一度ご検討してみてはいかがでしょうか。

コメントをどうぞ