畳の大きさの違いについて

こんにちは

センチュリー21の中村です。

大阪では新型コロナウイルス対策として

独自に定めている「大阪モデル」において

初の赤信号が点灯しました。

今月4日から15日までできるかぎり不要不急の外出を

避けるように呼び掛けることとなり、本格的に新型コロナウイルスの

「第三波」が日本列島にも押し寄せてきています。

弊社でも各店舗で新型コロナウイルス対策を講じながら

営業してまいりますので、宜しくお願いいたします。

さて

本日は畳の大きさの違いについて書きます。

畳の大きさが地域によって違うことをご存知でしょうか?

畳のサイズには京間や江戸間、団地間などと呼ばれることがあり

それぞれにおいて畳のサイズが異なっています

なぜこのようなサイズの違いが生まれたのでしょうか?

古来より畳の大きさは間(けん)という単位で表れされてきました

この間という単位が織田信長の時代は6尺5寸だったのですが、

豊臣秀吉の時代に6尺3寸に変更となり、さらに江戸時代には6尺になりました

また家の建て方が関西では「畳割り」と呼ばれる畳の寸法で家の建て方を決めていたのに対し、

関東では「柱割り」と呼ばれる柱真(柱の中心)の距離を基準に家を建てていたことから、

地域によって畳の大きさが異なる要因となっているようです

さらに高度経済成長期に住宅のニーズが高まり、多く建てられた団地に採用された

団地間は京間と比べ79%も小さく、狭く感じやすくなっています。

このように地域によって畳の大きさはさまざまで、

部屋の感じ方も変わってくるのではないでしょうか

一度オーナー様も物件の畳の大きさがどうなっているのか

確認してみてはどうでしょうか

コメントをどうぞ