浴槽の追い炊き機能について

こんにちは

センチュリー21の中村です。

台風14号の影響で三宅島などでは大雨の特別警報が出されるなど

各地で被害が出ています

関西地方では特に大きな被害はなかったようですが、

これからも災害に備えて早めの準備を心掛けるようにしましょう

さて本日は浴槽の追い炊き機能について書きます

追い炊き機能には2つの種類があることを知っていましたか?

循環窯直結方式と給湯方式の2つがあります。

循環窯直結方式とは浴槽から給湯器にお湯を循環させ、

浴槽内のお湯を温めなおす方式です

この方式では浴槽内に溜まっているお湯を温めなおすため

お湯の量が増えず節水につながります

しかし、40度前後で給湯器内を循環するため雑菌が発生しやすくなります

そのため定期的に給湯器内の掃除が必要になります

また給湯器内の設備が複雑なので設置費用が高額になります

一方でもう一つの給湯方式は高温のお湯を直接浴槽に足すことで

温度を上げる方式です

メリットとしては水道管から直接給湯器内で水を温め

浴槽にお湯を足すため、循環窯直結方式よりも衛生的です

しかし、あくまでお湯を追加で足すため

節水につながらないことと、浴槽内のお湯が出る部分に

体が当たるとやけどをする可能性もあります

一人暮らしなどで一日で浴槽にためたお湯を捨てるのがもったいない

など節水を気にしておられる方は循環窯直結方式の給湯器を

長く居住し給湯器の交換などを考えるのであればコストの安い

給湯方式の給湯器を選んだ方が良いと思います

給湯方式の違いで部屋を選ばれる方もいらっしゃいますので

給湯器の更新をお考えのオーナー様はぜひ一度

弊社へ相談ください

コメントをどうぞ