気密性・断熱性とは?

こんにちは

センチュリー21の中村です

朝晩かなり涼しくなってきました

急な温度の変化で体調を崩さないよう

気を付けてまいりましょう

さて今回は気密性と断熱性について書きます

日本の住宅では古来夏に合わせ

風通しを良く湿気が溜まらないように

隙間風が抜ける構造になっていました

現代では住宅に断熱材を使用したり、建築資材の進化により

住居内の気密性・断熱性を高めた住宅が増えました。

気密性・断熱性を高めることにより

外気がシャットアウトされ、外気との温度変化が少なくなります

またクーラーやヒーターを利用する際に省エネルギーで

快適な室温にすることができます

しかし室内の空気が循環しないため、ほこりが外に出ず

ハウスダストが溜まることにより、シックハウス症候群を

引き起こす原因となったり、柱や建材と断熱材の間に

隙間があると温度差によって結露が発生し、カビや、

住居内の壁や床、家具を傷める原因になります

現代の住宅では夏の暑さや冬の寒さに対応するために

このような構造になっていますが、結露により

住居内が予想より傷んでいる場合がありますので

日々の生活の中で注意する必要があります。

弊社では秋にかけ多くの方に入居していただけるよう

取り組んでまいりますのでよろしくお願いいたします

コメントをどうぞ