空き家率について

こんにちは。センチュリー21の今津です。
2018~2033年の空き家数・空き家率は、既存住宅の除却や、住宅用途以外への有効活用が進まなければ、2013年の820万戸・13.5%から、2033年に1955万戸・27.3%へと、いずれも上昇する見込みとの事です。
14年後には、4部屋中1部屋が空いていると考えると大変な状況です。
オーナー様からお預かりしている物件の空室率0%を目指し、日々考え、改善し続けていきます!

コメントをどうぞ