建物の老朽化

こんにちは。センチュリー21の川島です。

今年は例年に比べ、梅雨入りが遅れてますね。

熊本では熱帯低気圧の影響で河川の氾濫や土砂災害等、

被害に遭われている方もいらっしゃいます。

毎年、毎年自然災害は本当に怖いですね・・・

さて、今回は建物の老朽化についてお話させて頂きます。

弊社で管理させて頂いている物件についても、

雨漏り被害についてのクレームがあります。

どんな建物でも老朽化は起こります。

防水シートの破れ、塗装の劣化、

クラックなどの小さなヒビなど原因は様々ですが、

それらが原因となり、天井からの雨漏りに繋がります。

建物の中に水がまわる事で老朽化を進める事にもなりますので、

定期的なメンテナンスが必要となります。

オーナー様の大切な資産を守る為にも、

弊社として長期修繕計画などのご提案をさせて頂いております。

屋上の防水工事、外壁の塗装、各戸室の配管洗浄等、

無料での建物診断も行っておりますので、お気軽にお問合せください。

今一度、大切な資産を守る為に長期的な計画を立ててみませんか?

コメントをどうぞ