入居者様に長く入居してもらうために。

こんにちは。センチュリー21の山地です。

一昔前は、入居時に礼金等の費用を多くいただくことができましたので、入居の「回転率」を上げるという考えもありました。しかし、近年は敷金・礼金0の物件がほとんどになり、回転率よりもいかに長く入居してもらうかが鍵になってきます。

今回は、ご自身の物件の入居者様に長く入居してもらうためにはどうすればいいかについて書かせていただきます。

入居者様に長く住んでもらう上で一番重要なことは、入居者様に不満を与えないということです。

老朽化した設備に関しては、なるべく取替を検討してあげる・共用部の清掃を徹底し、常に物件を綺麗に保つ・外壁が剥がれてきたら塗り直しをする等、常に入居者様の立場に身を置き、必要な出費に関しては出し惜しみをしないことが重要です。出し惜しみを続けていると、入居者様も不満が溜まり、退去へと繋がってしまいます。

家主様は家賃と引き換えに部屋を提供するだけでなく、入居者様へのサービスも忘れてはいけません。

いくら物件が新しく、設備が最新のものでも、入居者様への対応が悪ければすぐに退去に繋がりますし、逆に古い物件であってもサービスの質を常に高めることができれば、入居者様は長く入居してくれるはずです。

これは管理会社にとっても重要なことですので、常にサービスの質を高め、入居者様が住みやすいマンション管理を目指し、これからも精進していきます!!

コメントをどうぞ