騒音トラブルとその対処法について。

こんにちは。センチュリー21の山地と申します。

先日は大型の台風20号が近畿地方を直撃しましたが、当社管理物件にはそれほど大きな被害が出ず、ほっとしております。

さて、日々当社には様々なクレームの連絡が入ってきますが、その中でも1位・2位を争うほど多いのが近隣からの「騒音」に関するトラブルです。今回はこの騒音トラブルと対処法について書いていきます。

まず、騒音トラブルの難しい所は「音」というのは人によって感じ方が違うというところです。ある人にとっては気にならない生活音でも、音に敏感な人からすれば立派な騒音トラブルになってしまいます。

それは管理会社の人間にとっても同じ事で、お客様から騒音に関する連絡があっても、正直その音を実際に聞いていませんので、どのレベルの騒音なのかが判断しにくく、その後の対応に食い違いが出てしまう場合もあります。

なので、このようなクレームの連絡があった場合は以下のことをしっかりと聞き取りをする必要があります。

①いつ音が聞こえてくるのか。

②どの辺りから音が聞こえてくるのか。

③どんな音が聞こえてくるのか。

④どんな頻度で聞こえてくるのか。

この具体的な内容を入れた注意文を全戸に投函すれば、心当たりのある方は自然と気を付けてくれるはずです。あくまで犯人を特定してこらしめるのが目的ではなく、騒音を止めるのが目的です。

もちろん、赤ちゃんの泣き声など物理的に解決が難しい問題もありますので、騒音トラブルを解決するには多少は妥協も必要になってきます。お客様のお悩みをしっかりと聞き、適切な解決法で対処していきましょう。

コメントをどうぞ