物件の巡回、清掃について


こんにちは!管理課の渡邉です!

今週は物件の巡回と清掃についてです。

まず物件の清掃業務ですが綺麗な方が絶対に良いに決まっています。

週に2回清掃すれば、ゴミ置場の収集日にあわせて効率よく清掃もできます。

また週1回巡回すれば、ついでに空室の窓を開けられますし、建物設備の巡回点検もできます。

また、ルール破りの入居者に注意文を投函したり物件内の小さな異常を発見できます。

それらがキチンをきちんと報告されればコトが大きくなる前に対処できますので当社では決まりごとにしています。

また、この巡回や清掃は「空室対策」にもなります。

共用部分がいつも整理されて綺麗なら、入居者が退去する理由の1つをなくすことができます。

現場の小さな異常に早く気付くので入居者に不便を強いることを事前に防ぐことができます。
募集中の部屋を「良い状態」に保つこともできます。

もちろん、エントランスや共用部分が綺麗な物件に案内されたら、「ここに住みたい」と思うお客様も多いでしょう。

汚いより綺麗なほうがいい、という消極的な発想ではなく、管理物件を高い入居率で維持するために清掃は必須なのです。

これらの当たり前の動きである、巡回や清掃をと徹底し今年もより一層「管理の質」を高めていこうと考えております!!

コメントをどうぞ