和室から洋室へリフォーム

こんにちは、アクロスコーポレイションの高橋と申します。
今回は「和室から洋室へリフォーム」についてお話しをさせていただきます。

先日、オーナーさんにお会いしたところ、和室から洋室へリフォームを考えているとお話しがありました。
詳しく聞いてみると、築30年の物件でしたので、外観、内装もだいぶ経年劣化による痛みや不具合が多くなってきているそうです。

皆さん、畳の歴史って知っていますか?
最も古い畳は、奈良時代から始まり、ござのようなものを5、6枚重ねて畳床にしていたのがルーツだそうです。また、畳は権力をかたちどるもので、貴族の家の中のあちこちに畳が置かれていたそうです。

ですが、近年日本では洋風住宅が主流となりフローリングの床が増え、和室を設ける住宅の数が大きく減少してきているそうです。
皆さんあまりご存知ではないと思いますが、和室から洋室へ変更するには以下の金額が掛かるとされています。

・畳だけをフローリングへ変更(15万前後)
・壁や天井も洋風へ変更(35万前後)
・押入れもクローゼットに変更(50万前後)
・襖や窓もこだわって変更(100万前後)

今回は和室から洋室へのリフォームですが、掃除やお手入れがしやすい床材に変わり、摩擦にも強いので耐用年数も長くなることでしょう。きっとお客様に気に入っていただける部屋になったと思います。

当社では、オーナーさんの物件の立地や家賃相場・他設備も考慮し、オーナーさんのあらゆるご要望にお答えします。
もし、ご要望・ご相談があれば当社までご連絡ください。
今後ともアクロスコーポレイションを宜しくお願い致します。

コメントをどうぞ