ちょっとした工夫で入居率UP!!

こんにちは。センチュリー21の山地と申します。
今回は空室にちょっとした工夫で入居率をUPできる方法として「アクセントクロス」のお話をさせていただこうと思います。

アクセントクロスとは、室内の壁のうち1面だけ別のクロスに変えることを言います。同じ部屋でも白い壁にさし色を楽しんだり、柄の入ったクロスで華やかさを添えたりすることで、空間に個性が生まれ、インテリア性が高まると共に、内覧に来たお客様が部屋に入った瞬間に感じる雰囲気もがらっと変わってきます。

実際に、築30年以上で和室のみの1DKの物件では、なかなかお客様が決まらなかったためオーナー様が管理会社に相談したところ、アクセントクロスの提案を受け、試しに施工してみたそうです。他の物件との差別化を図るためにキッチンと居室の一部にグリーンの壁紙を張り、家賃も少しだけ上げた状態で募集に出したそうです。

すると、募集して1週間後にはその金額で申込みが入ったそうです!!入居した方も「物件自体は古く感じたが、部屋に入った瞬間に明るくて良い雰囲気を感じた。」とのこと。

部屋付けに困っているけど、なかなか大規模なリフォームはできないと考えられているオーナー様は、是非このアクセントクロスでお部屋の雰囲気を変えてみてはいかがでしょうか。

コメントをどうぞ