オーナー・入居者へのサポートサービス

こんにちは、アクロスコーポレイションの高橋と申します。
今回は「オーナー・入居者へのサポートサービス」についてお話しさせて頂きます。

先日、東京電力エナジーパートナーがオーナー・入居者へのサポートサービスとして、『住宅設備・家電修理サービス』の受付を開始されました。

料金は月250円。
・対象は、設置・購入から10年以内の機器や製品すべて。
・家庭内で使用している住設機器や家電製品が故障した際には、無料で修理してくれる。
・修理作業に伴い発生する費用は、1回あたり50万円までであれば負担無し。
・回数や台数に制限はない。
・オーナーが、所有物件1棟丸ごと加入することも可能。

近年、電力自由化以降、電力の提供サービスを同社でも行っていました。
住宅設備・家電修理サービスは、もともと、割安な夜間電力を活用した電力料金プランの付帯サービスとして提供していたそうですが、利用者からの声が多く寄せられた為、今回入居者にかかわらずオーナー展開することを決定したそうです。

当社管理物件でもスマ電といったサービスを提供していますが、そのほか入居者への生活をより楽に、より便利にしていけるサービスを広げていこうと思います。
また、設備・家電等は設置から10年前後で故障やトラブルが多く見受けられますので、今回のようなサービスを参考に当社も将来を見据えて新サービスに取り組んでいきます。
今後ともアクロスグループを宜しくお願い致します。

コメントをどうぞ