DIYとは

こんにちは、アクロスコーポレイションの高橋と申します。
今回は、「DIY」についてお話しをさせていただきます。

「DIY」とは
自分でできることは自分でやろう。という理念のもとに行う活動だそうです。
従来で言う、日曜大工ってとこです!

男女問わず、自分好みのインテリアや雑貨など、世界でたった1つのアイテムを作ることが出来るのが大人気の理由ですね。

不動産業界において、部屋の一部あるいは大部分について、入居者自身もしくは入居者が依頼したプロの職人による施工で自由に改修できるDIY可能な賃貸マンションが近年増えてきています。

例えば、
①釘を打って棚を取りつける
②壁1面をペンキで塗る
③床材・壁紙張り替え

中には、間取りの変更や壁の撤去、建物の構造や躯体を触らない内容であればなんでもOKというケースまであります。家主や物件によって対応できる内容はバラバラではありますが、改修費用は基本的には入居者負担となっています。
ですが、こだわる人の家づくりにはとても楽しそうで、何よりも完成したアイテムには魅力がいっぱい詰まってそうですね。

最後に家主さん側の考えを聞くと、「入居者さんに部屋へ愛着を持って欲しい」、「少しでも長く住んでいただき、空室が埋まればいい」という気持ちがあるそうです。

ぜひこの尼崎市でもDIY可能な賃貸物件が出てくると、空室対策の打開策になるのではないかと思っています。
興味をお持ちの方は、ぜひご相談ください。

コメントをどうぞ