エレベーターの管理

こんにちは、アクロスコーポレイションの高橋と申します。
今回は、「エレベーターの管理」についてお話しをさせていただきます。

エレベーターには大きく分けてロープ式と油圧式の2種類があります。屋上のエレベーター機械室からシャフト(立坑)が下に伸び、シャフトの中にエレベーターのカゴが収納されて上下に昇降する仕組みです。一般的にはロープ式が多く使われております。

これらは安全の為、必要な維持保全のもとに管理されるよう法律で決まっております。
建築基準法第8条で
①「建築物の所有者、管理者又は占有者は、その建築物の敷地、構造及び建築設備を常時適法な状態に維持するように努めなければならない」と定められています。
また、建築基準法12条では
①「所有者等は、昇降機の維持及び運行の安全を確保するため、使用頻度等に応じて専門技術者に、おおむね1月以内ごとに、点検その他必要な整備又は補修を行わせるものとする」
②「所有者等は、前項の点検等を行った場合は、その記録を3年以上保存すること」
と定められています。

その為にも「保守点検」は月1~2回の点検、「定期検査」は6ヶ月~1年に1回の点検が必要となります。
「定期検査」において、「要重点点検」と判定された項目については、「次回の定期検査までに「要是正」に至るおそれが高い状態であり、所有者等に対し日常の保守点検において重点的に点検するとともに、「要是正」の状態に至った場合は速やかに対応することを促すもの」とされており、これへの対応としても保守点検が重要です。

定期的かつ適切な保守点検を行うことによって、性能の維持及び快適な運行・毎日の安全を確保することができます。入居者の方には気持ちよく、安心して生活できる様にマンション管理の徹底・維持を今後も継続していきます。
アクロスグループの応援、宜しくお願い致します。

コメントをどうぞ