関西圏は礼金がやや高い。。

こんにちは、アクロスコーポレイションの高橋と申します。
今回は「関西圏の敷金・礼金事情」についてお話しさせて頂きます。

「日本賃貸住宅管理協会」では約半年に1度、協会員を対象としたアンケート調査結果「賃貸住宅景況感調査日管協短観」を更新しているそうです。記載事項には「賃貸住宅管理会社が管理する物件における敷金礼金の現状」等がありました。

まずは礼金・敷金の用語の再確認しましょう。
「礼金」は言葉通り賃貸契約が新規に結ばれた時に、賃貸住宅業者に支払われる「お礼金」。「敷金」は賃貸住宅から退去する際に、次の借主が支障なく使えるよう、原状復帰のために使われるお金。

アンケート結果によると、(2014年10月~2015年3月)
全国平均では礼金は家賃の1.02か月分敷金1.38か月分
関西圏では礼金は家賃の1.33か月分敷金1.24か月分
首都圏では礼金は家賃の0.76か月分敷金1.15か月分

関西圏では敷引きといった入居時の保証金のうち半分程度を退去時の原状復帰費用として返還しない仕組みがある。地方ならではの解約引きである。その名残もあり、礼金の額が他と比べてやや高い結果が出ている。

ですが、実際のところ最近は初期費用を出来るだけ安くしたいというお客様が当社には多く、敷金ゼロで入居したいというのが本音である。

コメントをどうぞ