「賃貸派か持ち家派か」

こんにちは、アクロスコーポレイションの高橋と申します。

今回は「賃貸派か持ち家派か」についてお話しさせて頂きます。
2週でこのテーマをお伝えしようと思います。

まずは賃貸派について
世帯主の年齢と住宅の所有に関する調査によると、20~30代の世帯では住宅の購入よりもだんぜん、賃貸派の方が多いです。シングル世帯にも、ややその傾向が見られます。
以前なら「家賃を払い続けるのはムダ」という考え方が多かったのですが、最近ではマンションを借り続けるのも買うのもトータルでは差がないんではないかという考えもでてきているそうです。

メリットはこんなにも
・転勤者など勤務地が移動しても近くに引っ越しが出来る。
・飽きやすくて引っ越し好きな人や生活に変化を求める性格には賃貸が向いている。
・ペットを飼いたくなったら、ペット専用のマンションが選べる。
・転職などで収入がダウンしても住み替えで対応できる。
・基本は家賃・共益費のみで、マンションの修繕費などの責任を負わなくて済む。
・結婚するとき、お互いの生活のペースがまだ分からないうちは、同居から始めたほうが安心。

まだまだここには書ききれませんが、以外にもメリットはたくさんあります。
購入を考えている人も「買わなきゃ損だな!」と思う方が多いかもしれませんが、まず、賃貸生活のメリットを改めて考えてみて下さい。
不動産に関することなら信頼の置けるアドバイザーのいる不動産店に相談してみるのが一番です。
弊社ではお客様に一番近い存在として、地域密着営業させて頂いております。
ご来店心よりお待ちしています。

コメントをどうぞ