2020年12月 のアーカイブ

2021年に向けて

2020年12月27日 日曜日

こんにちは

センチュリー21の中村です。

早いもので本年も残りわずかとなりました。

私は本年4月より資産管理課の配属となり、

緊急事態宣言が発令され、周りの友人などが自宅待機をしている中で

資産管理課の一員として様々な仕事に携わることができ

私としては大きな経験となった一年でした。

周りの方々だけでなく入居者様やオーナー様にも大変なご迷惑を

おかけすることもありましたが、

皆様に支えられながら本年を終えることができると思います。

来年度も継続して、28ヶ月連続稼働率UPをさらに継続させる事を

目標に取り組んでまいります。

今年も残りわずかとなりましたが、オーナー様におかれましては

お体に気を付けて新年をお過ごしください。

2021年もよろしくお願いいたします。

年末年始休業日に関しまして

2020年12月20日 日曜日

こんにちは

センチュリー21の中村です。

今週は日本列島の特に日本海側で多くの雪が降りました。

関越道では立ち往生が発生し、多くの人たちが車の中で一夜を過ごした

という報道もありました。

もし遠方へ出かけられる際は天気予報に気を付けてまいりましょう

さて

本日は弊社年末年始の休業日についてお知らせします。

弊社は2020年12月28日午後より2021年1月7日まで全店舗で

休業させていただきます。

弊社で管理させていただいている物件に掲示をさせていただいています

修理依頼や騒音・駐車に関するトラブルなど

休業期間中は受付ができかねます

もし緊急のご連絡が必要な時の連絡先を載せておりますのでご連絡下さい

本年も最後まで精一杯稼働率を上げられるよう取り組んでまいりますので

宜しくお願いいたします

借家人賠償保険とは

2020年12月13日 日曜日

こんにちは

センチュリー21の中村です

アメリカの株式市場ではAirbnb(エアビーアンドビー)が上場し、

新規株式公開価格の二倍を付けたことで話題となりました

Airbnbは主に日本や海外で民泊を提供するウェブサイトを運営しており、

コロナウイルスの渦中にもかかわらずこれだけの大きな上場となりました

コロナ渦が過ぎ去ってからの旅行需要を期待してとのことですが、

早く過ぎ去ってほしいものです

さて本日は借家人賠償保険について書きます

借家人賠償とは偶然の事故で借りている部屋に損害を与えてしまったとき、

部屋の持ち主である家主に対する賠償をするという事です

賃貸住宅の借主は退去する際には原状回復の義務があり、

家主から借りている物件で損害を与えてしまった場合は

元通りにしなければならず、火災などで大きな被害が出てしまった場合

多額の費用が掛かる場合が多く、弊社でも借家人賠償保険に加入していただくことを

条件に入居していただいています。

弊社ではAIGの火災保険に加入していただいておりますが、

さまざまな補償を受けられる保険が多数ありますので、

比較してみるのも良いかもしれません

一度検討してみてはいかがでしょうか?

畳の大きさの違いについて

2020年12月6日 日曜日

こんにちは

センチュリー21の中村です。

大阪では新型コロナウイルス対策として

独自に定めている「大阪モデル」において

初の赤信号が点灯しました。

今月4日から15日までできるかぎり不要不急の外出を

避けるように呼び掛けることとなり、本格的に新型コロナウイルスの

「第三波」が日本列島にも押し寄せてきています。

弊社でも各店舗で新型コロナウイルス対策を講じながら

営業してまいりますので、宜しくお願いいたします。

さて

本日は畳の大きさの違いについて書きます。

畳の大きさが地域によって違うことをご存知でしょうか?

畳のサイズには京間や江戸間、団地間などと呼ばれることがあり

それぞれにおいて畳のサイズが異なっています

なぜこのようなサイズの違いが生まれたのでしょうか?

古来より畳の大きさは間(けん)という単位で表れされてきました

この間という単位が織田信長の時代は6尺5寸だったのですが、

豊臣秀吉の時代に6尺3寸に変更となり、さらに江戸時代には6尺になりました

また家の建て方が関西では「畳割り」と呼ばれる畳の寸法で家の建て方を決めていたのに対し、

関東では「柱割り」と呼ばれる柱真(柱の中心)の距離を基準に家を建てていたことから、

地域によって畳の大きさが異なる要因となっているようです

さらに高度経済成長期に住宅のニーズが高まり、多く建てられた団地に採用された

団地間は京間と比べ79%も小さく、狭く感じやすくなっています。

このように地域によって畳の大きさはさまざまで、

部屋の感じ方も変わってくるのではないでしょうか

一度オーナー様も物件の畳の大きさがどうなっているのか

確認してみてはどうでしょうか