2020年10月 のアーカイブ

PFI事業(宮ノ北団地)~モデルルームを行いました!~

2020年10月25日 日曜日

こんにちは

センチュリー21の中村です

早いもので10月も終盤になっています

もう今年は2ヶ月しかありません年始立てた目標の中で、

やり残したことがないようにしたいものですね

さて

本日は弊社が行っておりますPFI事業におきまして

モデルルームを24日・25日に実施しましたので、

ご報告させていただきます

PFI事業とは弊社が尼崎市とともに建築後40年から50年ほど

経過し、古くなっている団地の建て替えを民企業である弊社が

これまで培ってきたノウハウを活かして入居者の住み替えをサポート

している事業です

本年西昆陽団地にて行ってきましたPFI事業が完了し

10月より宮ノ北団地での住み替えサポートが始まっており、

今回モデルルーム見学会を行いました。

1DK、2DK(大・小)、3DKなどの住居タイプがあり

抽選会で希望する住居タイプに合わせて入居希望者に見学を

していただきました

新しい住宅ですので期待や好印象を持たれる方が多いですが

中には荷物を整理・処分を検討しないといけない方がいたり

不安を感じられる方も中にはいらっしゃいました

来月の抽選会に向けて、説明会で不安を解消できるよう努めてまいります

本年終了まで駆け抜けてまいりますのでよろしくお願いいたします

空室募集時の鳥の対策について

2020年10月18日 日曜日

こんにちは

センチュリー21の中村です。

ここ数日で、一段と冷え込みが増したように感じます

一日の気温差が大きくなり、体調を崩しやすい時期に

なっておりますので、体調管理に十分気をつけてまいりましょう

さて

本日は空室募集時の鳥対策について書きます

空室募集時にハトなどの鳥がバルコニーなどに

糞をしたり、時には巣を作ってしまうことがあります

バルコニーなどが鳥の糞で汚れていたりすると

部屋や物件のイメージ低下にもつながります

そこで弊社では各種対策をしております

例えば匂いでハトを寄せ付けないようにする

ハト忌避剤と呼ばれる薬剤を袋に入れたものを設置するなどです

また100円ショップなどで販売されているヘビのおもちゃを

バルコニーなどに設置することでも鳥の対策につながります

鳥の糞で被害にあった空室に8月ごろ設置し先日確認しましたが

ほとんど糞の被害がありませんでした

意外かと思われますが、効果があるようです

また鳥の糞による被害が出ている空室に関しましては

日々の巡回で掃除したり、オーナー様に報告させていただいたうえで

清掃業者を手配させていただいたりしています

阪神地域はハトやカラスなどの被害がほかの地域よりも

多いようですので、弊社としても物件価値を上げるチャンスととらえ

取り組んでまいります

浴槽の追い炊き機能について

2020年10月11日 日曜日

こんにちは

センチュリー21の中村です。

台風14号の影響で三宅島などでは大雨の特別警報が出されるなど

各地で被害が出ています

関西地方では特に大きな被害はなかったようですが、

これからも災害に備えて早めの準備を心掛けるようにしましょう

さて本日は浴槽の追い炊き機能について書きます

追い炊き機能には2つの種類があることを知っていましたか?

循環窯直結方式と給湯方式の2つがあります。

循環窯直結方式とは浴槽から給湯器にお湯を循環させ、

浴槽内のお湯を温めなおす方式です

この方式では浴槽内に溜まっているお湯を温めなおすため

お湯の量が増えず節水につながります

しかし、40度前後で給湯器内を循環するため雑菌が発生しやすくなります

そのため定期的に給湯器内の掃除が必要になります

また給湯器内の設備が複雑なので設置費用が高額になります

一方でもう一つの給湯方式は高温のお湯を直接浴槽に足すことで

温度を上げる方式です

メリットとしては水道管から直接給湯器内で水を温め

浴槽にお湯を足すため、循環窯直結方式よりも衛生的です

しかし、あくまでお湯を追加で足すため

節水につながらないことと、浴槽内のお湯が出る部分に

体が当たるとやけどをする可能性もあります

一人暮らしなどで一日で浴槽にためたお湯を捨てるのがもったいない

など節水を気にしておられる方は循環窯直結方式の給湯器を

長く居住し給湯器の交換などを考えるのであればコストの安い

給湯方式の給湯器を選んだ方が良いと思います

給湯方式の違いで部屋を選ばれる方もいらっしゃいますので

給湯器の更新をお考えのオーナー様はぜひ一度

弊社へ相談ください

特殊清掃とは

2020年10月3日 土曜日

こんにちは

センチュリー21の中村です

アメリカのトランプ大統領がコロナウイルスに感染した

との報道がありました

ホワイトハウス内でも集団感染が広がっているようです

日本国内でもGOTOキャンペーンなど規制の緩和が

ありますが、まだまだ気を付けてまいりましょう

さて、本日は特殊清掃について書きます

特殊清掃とは事件事故などの変死、孤独死などにより遺体の発見が遅れ

遺体の腐敗、腐乱によりダメージを受けた室内の原状回復、復旧の業務のことです

特に孤独死のうち71%が65歳以上の高齢者であり、

死亡後1ヶ月以上経過してから発見されたケースも多くなっており

年々増加の傾向があります

そのような孤独死の現場で活躍するのが特殊清掃業者です

基本的には先述した業務が中心ですが、遺品整理や

中にはお祓いなども請け負う業者もあるようです

また緊急性の高い業種であることから24時間365日

受付可能の業者も多くあります

孤独死に関する相談・対応などありましたら

弊社管理課までご連絡ください