2019年4月 のアーカイブ

平成から令和へのご挨拶

2019年4月30日 火曜日

こんにちは。センチュリー21の木安です。

今日で平成が終わり、明日から令和に変わりますね。

昭和生まれの私にとっては、平成と聞くとまだ最近の感じがしますが、既に31年経っているんですね。

平成の築年数でも既に老朽化が顕著になってきており、今後は、部屋付けと同じかそれ以上に建物の管理が重要になってくる時代になってくると思われます。

現在までオーナー様にはポリッシャー洗浄や植栽の手入れ、LED化等提案させていただきましたが、今後もオーナー様の資産を守れるように、沢山のご提案をさせていただきます。

当然のことながら、不具合の発見には、日々の清掃や巡回がないと事前には見つかりません。

オーナー様の資産を守り、いつまでも魅力のある建物を維持していく為、令和元年も努力してまいります。

管理会社が考える5つのポイント

2019年4月20日 土曜日

こんにちは センチュリー21 藤山です。
暖かくなり過ごしやすい日々が続いていますね。

今回は、考えていく5つのポイントを考えます。

1.リサーチ力
立地や物件にどのようなポテンシャルがあるのか探る力

2.リーシング力
空室を埋めるための工夫とノウハウ

3.管理力
入居者管理と建物管理の両輪

4.コミニュケーション力
オーナー様、入居者との関係性の構築

5.決断力
どうすればオーナーメリットになるかはっきり伝える

この基本を徹底して信頼関係をつくりあげるように当社は常に努力し続けます。

来週から10連休のところもありますが、当社は休まず営業しております。

電子ブレーカーの導入について

2019年4月14日 日曜日

こんにちは。センチュリー21の山地です。

皆様は「電子ブレーカー」という商品をご存じでしょうか。

「電子ブレーカー」とは、エレベーター等に使用される低圧電力の電気基本料金を下げることができる商品として、分譲マンションを中心に導入が進められているものになります。

今回はこの「電子ブレーカー」について詳しく書かせていただこうと思います。

まず、エレベーター等に使われる低圧電力には2種類の契約方法があります。

①負荷設備契約‥設備のモーター容量の合計値で契約電力が決定します。かなりの余裕を見て大きな定格容量のブレーカーを使用しています。(ほとんどの家主様はこちらで契約されています。)

②主開閉器契約‥実際に流れる電流を計測し、その数値からブレーカーの容量を決定します。

次に電子ブレーカーの説明です。

電子ブレーカーとは、通常のブレーカーとは異なり、過電流の際にも一定の時間が経過しないと遮断されない仕様になっています。よってエレベーター等の一過性の過電流では遮断されないので、低い容量での電力契約が可能となります。

上記②の主開閉器契約と電子ブレーカーを組み合わせることにより、電気基本料金を下げることができるという仕組みです。

もちろん最初に導入費用はかかりますが、導入後は確実に電気基本料金を下げることができますので、興味のある方は一度お問い合わせください!!

『令和』元年も本気の管理!!

2019年4月7日 日曜日

今週のブログは渡邉が担当します!!

新元号は『令和』でしたね。とてもよいと思いました。

長いお付き合いをお願いしたいと思います。

新元号も決まったところで、「管理を増やすためには」という事を改めて考えていました。
管理を増やすために「どうしても言いたいコト」を整理整頓してみました。

何も無い状態で、オーナー様を訪問しても管理を任してもらうことは出来ません。だからといって、特段の営業力がなくても、オーナーとの関係を構築して、安定して管理を増やせる基礎を作ることができます。


まずは、オーナー訪問の目的を明確にすること。

もちろん「管理を任してもらう事」がオーナー訪問の最後の目的です。

でも、 訪問の際は、

・関係性の構築
・一般媒介で預かる
・空室対策を提案する
・オーナーセミナーに招待する
・リフォーム、リノベを提案する
・管理のプレゼンをする

などの明確な目的を持つべきです。

そのあとに
「真剣に管理の説明を聞いてもらう時間」
を作るのです。

そして、どうやってオーナー様から魅力を感じてもらえるか!

その一つにオーナーが注目する、管理メニューを用意しておくこと。

空室対策の提案力を持つこと、など。

その他にも「どうしても」伝えておきたいコトや熱意を伝えることが非常に大切だとおもいますので、

ここからもっと規模を大きくして色んな方と出会い、良い資産形成ができるように努めて参ります。

今後も新しい元号と共に、より成長する当社へ管理をお任せ下さい。