2017年10月 のアーカイブ

風災被害について

2017年10月28日 土曜日

こんばんは、アクロスコーポレイションの山地と申します。

先週の台風21号はとても勢力が強く、当社の管理物件でも屋根瓦が飛ばされる等、大きな被害を被りました。現在も新たに台風22号が本州に接近しているということで、2次被害が起こらないかとても心配です。

そこで今回はこのような風災に対する保険の適用について書かせていただこうと思います。

賃貸物件をお持ちのオーナー様のほとんどは建物に火災保険を掛けておられると思いますが、この火災保険には火災の被害以外にも今回のような風災や大雨による被害に対する補償も含まれていることが多いです。

強風・台風・竜巻が直接屋根や窓ガラスを破損させた場合はもちろんですが、強風で建物の一部が飛ばされて他人の持ち物を傷つけてしまった場合や、暴風によって屋根の防水シートが破れ、雨漏りしてしまった場合も基本的には補償の範囲内です。

被害状況を写真に撮り、被害の日時や場所と修理にかかる費用の見積書等をまとめて保険会社に提出することで保険金の支払いを申請することができます。(屋根に上って自ら写真を取る行為は非常に危険ですので、専門の業者に任せて下さい。)

但し、自然の摩耗または劣化等と判断されれば保険が適用できない場合もありますので、保険会社にご確認のうえ手続きをするようにして下さいね。

和室から洋室へリフォーム

2017年10月22日 日曜日

こんにちは、アクロスコーポレイションの高橋と申します。
今回は「和室から洋室へリフォーム」についてお話しをさせていただきます。

先日、オーナーさんにお会いしたところ、和室から洋室へリフォームを考えているとお話しがありました。
詳しく聞いてみると、築30年の物件でしたので、外観、内装もだいぶ経年劣化による痛みや不具合が多くなってきているそうです。

皆さん、畳の歴史って知っていますか?
最も古い畳は、奈良時代から始まり、ござのようなものを5、6枚重ねて畳床にしていたのがルーツだそうです。また、畳は権力をかたちどるもので、貴族の家の中のあちこちに畳が置かれていたそうです。

ですが、近年日本では洋風住宅が主流となりフローリングの床が増え、和室を設ける住宅の数が大きく減少してきているそうです。
皆さんあまりご存知ではないと思いますが、和室から洋室へ変更するには以下の金額が掛かるとされています。

・畳だけをフローリングへ変更(15万前後)
・壁や天井も洋風へ変更(35万前後)
・押入れもクローゼットに変更(50万前後)
・襖や窓もこだわって変更(100万前後)

今回は和室から洋室へのリフォームですが、掃除やお手入れがしやすい床材に変わり、摩擦にも強いので耐用年数も長くなることでしょう。きっとお客様に気に入っていただける部屋になったと思います。

当社では、オーナーさんの物件の立地や家賃相場・他設備も考慮し、オーナーさんのあらゆるご要望にお答えします。
もし、ご要望・ご相談があれば当社までご連絡ください。
今後ともアクロスコーポレイションを宜しくお願い致します。

気が付けばもう10月も半ば・・・

2017年10月15日 日曜日

こんにちわ

センチュリー21(株)アクロスコーポレイションの川島です。

本日は宅地建物取引主任士の試験日ですね。

弊社からも今年は10名受験します。ちなみに川島はお留守番です。
来年こそ受験・合格できる様に準備していきます。

さて、題名にもしていますが、気が付けばもう10月も半ばですね・・・

この時期オーナー様を悩みの種、空室ですね。

10月転勤の方々の移動も落ち着き、弊社で管理させて頂いている物件でも空室がちらほら出てきました。

それでも弊社営業マンは、空室を減らそうと頑張って動いてくれています!
管理課としても感謝です!

管理課でも少しでも申込が入るように室内演出等をしていきます。
また入居者に対しても、迅速なクレーム対応等でストレスなく入居して頂ける様に尽力していきますので、
今後ともアクロスコーポレイションをよろしくお願い致します。

ご近所トラブルについて

2017年10月9日 月曜日

こんにちは。センチュリー21(株)アクロスコーポレイション藤山です。

集合住宅で生活するということは、生活習慣や考え方の違う人が集まりますので「ご近所トラブル」が発生しがちです。

そういう事態に巻き込まれずに平和に暮らしたいと誰もが考えると思います。しかし、こればかりは相手があることなのでいつ自分が当事者になるか分かりません。

当社ではまずトラブルを避けるために、当たり前ですが、相手の身になって考えることが大切なので一緒になって解決方法を考えています。

より快適に暮らしていただくためにも常に管理物件の巡回やご入居者にあいさつをしていきその都度お困りのことなどを聞いています。

大家さん・入居者さん・不動産会社の3方良しを目指していますので何かお困りやご相談事があれば当者までご連絡お待ちしております。

秋の引越しシーズンなのでトラブルないように頑張っていきます。

無断駐輪への対応

2017年10月1日 日曜日

こんにちは。センチュリー21の渡邉です。

駅前物件を所有していると、困ったことの一つに住民以外の人が無断で駐輪していくことが多々あります。

もちろん対策として入居者さんへはオリジナルの駐輪シールを作成し配布しています。

それでも無断で駐輪していく輩が後を絶ちません・・・

そんなある日、物件で作業をしていると年配の男性が駐輪場に入ってきました。

見たこともない男性で、おもむろに自転車に鍵を掛け、平然と駅の方向へ歩いていきます。

うん??なんだあの人???さっそく、自転車を確認したのですが

駐輪シールは貼られていません。

初めて現場を確認しましたが、平然と駐輪していくものなんですね~

警告文を取り付けましたが、どれぐらい効果があるか。

一掃する意味で、防犯カメラの設置を家主さんと相談しています。

懲りてくれればいいのですが。。。