2017年3月 のアーカイブ

学生マンションの運営

2017年3月26日 日曜日

こんにちは、アクロスコーポレイションの高橋と申します。
今回は、「学生マンション」についてお話しをさせていただきます。

ここ数年、高校卒業後の進路に変化がでてきているのはご存知でしょうか。
10年以上前と比べると現在は就職よりも、高校卒業後の進路を大学・短大・専門学校へ進学する学生が約2人に1人だそうです。

そんな学生をターゲットに、学生マンションの運営管理を全国で展開するジェイ・エス・ビーに注目しました。

山口県の山口大学前に新たに建築した『学生会館Uni E’meal(ユニエミール)』なんですが、それはそれは学生にとってお得な特典がいっぱい詰まったマンションなんです。

鉄筋コンクリート構造5階建てで全97室。なんとジェイ・エス・ビーが運営する食堂がついているそうです。
また、学生マンションに多くみられるバス・トイレなどの共同設備が、こちらでは各部屋ごとにバス・トイレ・IHコンロ、洗濯機、冷蔵庫、電子レンジ、ベッド、デスクなどを備え付けられています。
そして、共用部にはオートロックや防犯カメラ、24時間警備会社駆けつけサービスを導入するなどセキュリティ面も重視されています。
約17㎡と約20㎡の1Kタイプの賃料は3万9500~5万5000円。
プラス食費は月々1万9800円。
別途入館金と敷金、年間管理費などがありますが。。。

山口大学の合格発表前にはキャンセル待ちが出るほど申込が集中したそうです。
学生にとって1日朝夕2食の食事を提供してくれる物件なら、文句なしで住みたい物件に選ばれますね。

当社の物件の1Kタイプのお部屋にも設備や環境を整えていこうと思いました。
家主さんにも機会があれば、お部屋のリフォーム、マンションのセキュリティ面、何でもご相談いただけるよう心よりお待ちしています。

温水式浴室換気乾燥暖房機のリコール

2017年3月18日 土曜日

こんにちは、アクロスコーポレイションの高橋と申します。
今回は、「温水式浴室換気乾燥暖房機のリコール」についてお話しをさせていただきます。

先日、ホームページにて株式会社ノーリツ及び株式会社ハーマンが製造した温水式浴室換気乾燥暖房機のリコールが行われると公表されました。

株式会社ノーリツ及び株式会社ハーマンが製造した温水式浴室換気乾燥暖房機について、当該製品及び周辺を焼損する火災が発生したそうです。
消費生活用製品安全法第35条第1項に基づき報告された重大製品事故は3件。
(管理番号:A201500187、A201600527、A201600634)

管理番号A201600527、A201600634を調査したところ、機器の設計上の配慮不足により、当該機器の温風を循環させる循環ファンモーターの内部端子部より発熱し、ごくまれに使用中に発火に至るおそれがあると判明しました。

再発防止策については、同社ホームページで公表し新聞社告を行い、対象製品について無償で修理・部品交換を行うそうです。

製造期間は平成9年9月~平成19年12月とあり、対象台数はおよそ15万台以上にもおよんでいます。
心当たりの方は、詳しくは各社ホームページをご覧ください。
当社にご相談、これを機にリフォームをお考えの方、なんでもお聞かせください。

大阪府にて未収家賃が累計30億円

2017年3月6日 月曜日

こんにちは、アクロスコーポレイションの高橋と申します。
今回は、「大阪府の府営住宅未収家賃の累計30億円」についてお話しをさせていただきます。

大阪府のある取材にて、大阪府の府営住宅の家賃未回収金の累計が平成27年度で約30億円にもふくれあがっていることが分かりました。

都道府県が運営する公営住宅には、所得の低い方を対象にしている賃貸住宅であり、生活保護受給者や高齢者の方の割合が多いそうです。
現在、大阪府が管理する公営住宅はおよそ12万7000戸ありますが、家賃未回収額の累計は、平成11年度で約28億円、平成24年度で約27億円、平成25年度で約31億円、平成27年度で30億となかなか数字が減らない状況にあるとのことです。

府営住宅の管理は大阪府住宅供給公社が委託されていますが、入居者の滞納督促は府の住宅まちづくり部が行っているそうです。
①家賃を2カ月滞納すると電話で督促開始。
②長期間滞納している入居者を直接訪問。
③6カ月目を過ぎると催告書を送り、滞納者が30日以内に家賃を支払わなければ退去させる。

以上のことが仕組み化されていますが、府では滞納者が退去した後の新しい住所を把握していないため、死亡や転居を含め行方が分からなくなっている事もあるそうです。

対策として、府では平成22年から、弁護士法人に成果報酬で、退去済み滞納者への回収業務を開始しました。
結果、府の職員が直接回収していた時期よりも、3~4%回収率が上がったそうです。

30億円という未回収の家賃にはとても驚きました。
当社も管理物件を抱えていますので、家賃滞納者への対応はいっそ厳しく対応していこうと思いました。