2015年4月 のアーカイブ

平成25年住生活調査

2015年4月25日 土曜日

こんにちは、アクロスコーポレイションの高橋と申します。

今回は、国土交通省はより、「平成25年住生活総合調査(集計の途中経過)」が発表されましたので、お話しさせて頂きます。

住宅及び居住環境の評価、最近5年間の居住状況の変化に関する事項等を調査し、住宅政策を推進する上で必要となる基礎資料を得ることを目的としたもので、対象世帯数8万5,302世帯のうち、回収世帯数は7万6,096世帯(回収率:89.2%)と順調に結果がでてきています。

それによりますと、現住居以外に所有・賃借している住宅に関する事項では、現住居以外に所有・賃借している住宅がある世帯の割合は、2008年の6.6%から2013年は9.2%に増加。相続して所有している世帯が3.1%から4.1%、相続以外で所有している世帯は3.1%から4.6%と、それぞれ増加。

現住居以外に所有・賃借している住宅の利用状況については、現住居以外に所有・賃借している住宅の利用状況を見ると、「子、親族などが住んでいる」が36.1%と最も多く、次いで「空き家(物置などを含む)になっている」が22.9%、「借家として賃貸している」が17.3%。

相続して所有している場合の利用状況では、「空き家」の割合が32.2%と、相続以外で取得して所有している場合の16.7%に比べ大きくなっている、としています。

今年相続に関して、平成25年度税制改正に関する法律「所得税法等の一部を改正する法律案」が、平成25年3月29日に、国会で可決・成立した為なのか、将来を見据えて動いていた人が多かったのかもしれませんね。

まだまだ私達の身近な所にも、空き家で何も手が加えれていない人や、土地・建物を有効活用できていない人がいるんですね。資産管理課としてこの尼崎をもっと発展させていきたいと思います。

家賃が上がっても欲しい設備とは

2015年4月11日 土曜日

こんにちは、アクロスコーポレイションの高橋と申します。

今回は「家賃が上がっても欲しい設備」についてお話しさせていただきます。
以下のランキングになりました。

1位 24時間ゴミだし可能
2位 宅配ボックス
3位 防犯カメラ
4位 ない
5位 オートロック

ひとり暮らしもファミリーでも、24時間ゴミだし可能が4割以上の人気のようです。
ごみの分別はもちろんですが、朝の決まった時間だけしか捨てられないというのは結構不便に感じている方が多いようです。
といってもアパートや戸建など、決まった場所に捨てに行かなければならない決まりがある物件はどうしようもないので、その分、防犯面の強化(防犯カメラやTVモニター付きインターホン、夜間の外灯の位置や点灯時間)などは効果的といえます。

また、上記以外では、「トランクルーム(外部収納)」や「共有部の頻度の高い清掃」といった項目もありました。

1位の設備には私も同感です!!
ゴミを出す時間は基本的に朝ですし、朝の1分は私にとって、とても重要ですんで。
2位の宅配ボックス今のネット社会を考えるとかなり利便性が高い設備と言えます。ネットショッピングは年々増加傾向にあり、20代、30代の利用者が最も多いようです。しかし、ネットショッピングは日中不在な社会人にとっては、受け取りが問題。時間指定配達やコンビニ受け取りもありますが、宅配ボックスがあればもっと気軽に利用できますね。

ちなみに私は個人的に、鍵のセキュリティーアップも喜ばれると思います。
弊社では入居されるお客様の方には鍵の交換は特に、オススメしていますし、利用して下さる方がほとんどですから。過去に一度、盗難にあったことのあるお客様からは、玄関のダブルロックや防犯カメラは必須で探す方もいらっしゃいました。安全はお金を払ってでも確保するという意識の方は昔に比べて増えてきていると思います。

今後も幅広く気になる情報をお伝えしていきます。