2015年2月 のアーカイブ

阪神間ではアクロスグループが1番!!

2015年2月21日 土曜日

こんにちは、アクロスコーポレイションの高橋と申します。

今回は先日千葉県で行われた、「センチュリー21ジャパンコンベンション2015」のご報告をさせていただきます。

不動産仲介業の世界ブランド『センチュリー21』のフランチャイズ本部であるセンチュリー21・ジャパンが、年に1度開催している表彰式です。
センチュリー21といえば、あの「ゴールデンジャケット」であり、イメージキャラクターでもあるケイン・コスギさんも出席されており、会場内の熱気と緊張感に終始圧倒されました。

そこで弊社はなんと、
企業グループ仲介実績全国3位にアクロスグループ
賃貸部門企業グループ全国1位にアクロスグループ

という成績を表彰されました。

ですが、満足はしていません、正直悔しいです!!
来年こそは、企業グループ仲介実績全国1位にアクロスグループが表彰されるよう、社員全員が一丸となって邁進します!!

表彰式に参加させて頂き、毎年ここで仕事へのモチベーションもぐーんと上がります。
また明日から、地域に必要とされお客様に一番近い立場でいられるよう頑張ります。
こんな素晴らしい会社は阪神間ではアクロスグループが1番です!!
オーナー様のどんな悩みも弊社がご相談にのります。
私たちを知って下さい!!

第1回「相続・税金セミナー2015」を実施しました!

2015年2月13日 金曜日

こんにちは、アクロスコーポレイションの高橋と申します。

今回は平成27年2月10日(火)に尼崎市で行われた、弊社主催公開セミナーのご報告をさせていただきます。
ご参加頂いた皆様、有難うございます。

講師に寺西先生をお招きし、「もめない相続トクする相続」についてお話し頂きました。
セミナー自体とても和やかな雰囲気の中進められ、参加者していただいた方に満足していただくことができたと思います。

今回ご参加いただいた方の中からお礼のお言葉を頂きましたので、ご紹介させて頂きます。

昨日はお世話になりました。
寺西先生のご講演、その後の懇談会と日常では経験できないすばらしい時間でした。このような時間を共有できたこと本当に感謝します。
今まで詳しく知る機会を自分ではなかなかつくることができませんでしたが、このような機会を設けていただき、具体的にお話ししてくださって今回のセミナーでとても勉強になりました。今後の経営に役立てていきたいと思います。ありがとうございました。

ご参加いただいた方からお礼のお言葉をいただけると、弊社としても感謝の気持ちでいっぱいです。皆様には、今回のセミナーを通して何か1つでも感じて、今後の未来に役立てて頂けたら幸いです。

相続に関して

2015年2月5日 木曜日

こんにちは、アクロスコーポレイションの高橋と申します。

今回は弊社主催公開セミナーが平成27年2月10日(火)に開催されますので、前回に引き続きテーマは「相続」についてお伝えします。

相続と聞いたらまず最も頭に浮かびやすいのは、遺産相続ですね。
遺産相続とは一般的に、亡くなった人の遺産をその配偶者や子供、あるいは孫が受け継ぐ事をいいます。
このとき、法律上の手続きや届出は必要なく、相続人が被相続人が亡くなったことを知らなくても、相続は開始されます。つまり、人が死亡すると、その瞬間から被相続人(死亡した人のこと)が所有していた財産や権利、負債などは全て相続人のものになります。

相続開始時に相続人が複数いる場合は、全ての遺産は相続人全員の共有となり、遺産分割が決まるまで、1人で勝手に遺産を処分することはできません。
相続においては、誰が相続人で、各相続人が遺産を相続するかどうかを決めて、遺産の分割を相続人全員で、話し合って決めなければならないのです。
まず、誰が相続人なのかを確定することが必要になります。このとき重要なポイントとして、被相続人の遺言書が残っているかどうかです。

遺言書があり、そこに遺産の分割が記載されているときは、民法で決められた規定よりも優先されます。これは、亡くなった被相続人の意思を尊重しようという考え方があるからだそうです。
ただし、遺言書の内容があまりにも相続人への配慮や不利益がある場合は、相続人の不服申し立てが民法で定められています。  
また、遺言書がないときは、法定相続人が民法で定められた割合で、遺産を相続することになります。

遺産を相続する場合には、民法で相続順位というものが定められていて、相続の有無はこの順位が優先されます。

・配偶者・・・相続順位はなく、常に相続権があります。
・直系卑属・・・第1順位。配偶者と同様で、常に相続権があります。
・直系尊属・・・第2順位。第1順位の相続人がいないときに相続権があります。
・兄弟姉妹・・・第3順位。第1、2順位の相続人がいないときに相続権があります。

ただし、婚姻関係のない内縁の妻や、愛人には相続権がありません。

もっともっと相続の事に関して、より理解を深めたい方はぜひセミナーへご参加下さい。まだ間に合いますので、多数のご参加お待ちしています。お問い合わせは当店へ!!

第1回「相続・税金セミナー2015」まで あと4日