2011年7月 のアーカイブ

更新料について最高裁判決!

2011年7月23日 土曜日

こんにちはワタナベです!

今回は、先月の更新料判決についての詳しい記事を掲載致します。

マンションの借り主が賃貸借契約の更新時に貸主に支払う「更新料」は消費者に一方的に不利益を押しつける「無効」な契約条項だとして、借り主が貸主を相手に支払い済みの更新料の返還などを求めた3件の訴訟の上告審判決で、最高裁第2小法廷(古田佑紀裁判長)は15日、「更新料は有効」との初判断を示した。2審判決で無効とされた、1年ごとに2カ月分の更新料を取る契約条項も有効とし、3件とも貸主側の勝訴が確定した。借り主側に厳しい判決で、契約実務に大きな影響を与えそうだ。

裁判官4人全員一致の判断。小法廷は「更新料は賃料の補充や前払い、契約を継続するための対価など複合的な性質があり、その支払いに合理性がないとは言えない」と指摘。更新料は「賃料や契約更新期間に照らして高額すぎるなど特段の事情がない限り無効とは言えない」と述べた。

3件は京都と滋賀のマンションの借り主3人が07~08年に提訴し1審は2件が有効、1件が無効。2審でも有効1件(2年ごとに更新料2カ月分)、無効2件(1年ごとに同2カ月分)と分かれ、同種訴訟の1、2審全体で無効が有効を上回り、最高裁の統一判断が注目された。小法廷は、2審で有効の1件で借り主側の上告を棄却。無効の2件は2審判決を破棄し、借り主側に更新料の未払い分を支払うよう命じた。

上告審で貸主側は「借り主は更新料条項も合意の上で契約締結している」と主張。借り主側は「契約時に情報や交渉力に格差があり、締結せざるを得ない状況に置かれていた」と反論していた。

更新料は約40年前から主に京都や首都圏で慣習化し、現在、更新料込みの契約件数は全国で100万件以上とみられる。 (毎日新聞より抜粋)

分譲マンションor賃貸マンション、どっち?

2011年7月17日 日曜日

おはようございます♪ワタナベです!今回は分譲と賃貸を比較してみました!

まずは、地価の下落により売り出される分譲マンションは新築、中古とも随分価格が下がり買い易くなりました。これからマンションを購入される方の物件を決める際の主な選択理由として、防犯を含む管理面と立地条件があります。但し、その場合はそれなりにかかる共益費、管理費等の金額をローン支払いにプラスして資金計画を立てましょう。また、立地条件の良い中心地マンションは、将来を考えると益々都心回帰現象が顕著になる現実を見れば希少な資産物件で、価値は高いと言えます。

片や、好きな場所に自由に移ることができ、拘束されない生活を好む人は、いつかはマンションを購入したい、ではなく生涯賃貸生活が良いと考えています。固定資産税や毎月の経費の支払いも無く、転勤にも売却の心配をすることなく簡単に移り変われるのは魅力です、但し、実際は質の高い永住賃貸は数が少なく残念ですが、今後は増えていく事でしょう。

自分自身で防犯対策!

2011年7月14日 木曜日

おはようございますワタナベです!!今日は防犯について。

●郵便ポスト

郵便物には個人情報が満載!! 必ず施錠しましょう。
住所、氏名、性別、電話番号のほか
銀行口座やカード番号まで知られる恐れがあります。

●玄関

ワンドア・ツーロックで狙われる確率は下がります。
(空き巣は開錠に10分以上かかると犯行を諦める)
また、業者を装った詐欺も増えてきているので
玄関先ではチェーンをしたまま対応すること!!
「ちょっとゴミ出しに」や「ちょっとコンビニまで」
という時も絶対に施錠を忘れずに。

●窓・ベランダ

空き巣の4割は窓から。窓ガラスに防犯フィルムを。
(カーテンの柄で女性宅と悟られてしまう可能性も)
洗濯物を干す時間・場所にも考慮が必要です。

 

いつどこで誰がみているか、わかりません。普段から防犯意識をもって

まず、自分でできることは必ずやりましょう!

梅雨の湿気対策!

2011年7月3日 日曜日

こんにちはワタナベです!梅雨時期の湿気対策について。

湿度が高いと、洗濯物が乾かなかったり
水周りにカビが発生したり。
お部屋がカビ臭かったり…。
気分も憂鬱になってしまいますよね。
また、湿気によるカビや菌は病気やアレルギーの原因にもなりかねません。
というわけで、お部屋ごとに出来る住まいの湿気対策を調査してきました。

リビング

洗濯物の部屋干しの匂い対策のコツは、
除菌効果の期待できる酸素系漂白剤を使って
十分に洗い、強めに脱水し、すぐに干すコト。
干す時に、除湿機や扇風機、台所・浴室の換気扇
エアコンの除湿機能などを上手に利用して
空気の通り道を作り、お部屋から湿気を追い出せば
乾燥時間の短縮にもつながります。

押入れ

荷物の下にすのこを敷く、出来れば横も後ろにも置いて
通気スペースを作るのも効果的です。
「備長炭」を押入れの中に入れる人も増えています。

キッチン

普段はあまり気が付きませんが
火を使うと水蒸気が発生しやすくなります。
調理中と調理後30分は換気扇をつけて
蒸気を外に逃がしてください。
シンク周りなど、水に濡れた場所は
乾いた布で水分をふき取っておくのもよいでしょう。

 

関西では、もうしばらく梅雨が続きそうですので対策を取って、快適に暮らしましょう♪