管理物件の自転車整理について

2020年7月6日

こんにちは

センチュリー21の中村です。

先週はコロナウイルスだけでなく、

熊本県で大雨による大規模な洪水被害が発生したり、

東京都知事選挙が行われたりと

様々な出来事がありました。

目まぐるしく様々な出来事が起こりますが、

資産管理課一同日々精進してまいります。

さて

本日は弊社管理物件にて実践しております

自転車の整理について書かせていただきます。

自転車の駐輪場がある物件では

入居者様が使わなくなったり、退去時に放置されている

自転車がある場合があります。

そこで弊社では入居時に駐輪シールをお渡しし、

駐輪シールを貼られていない自転車に関しては

リサイクル業者に依頼し、撤去していただくようにしています。

基本的には自転車撤去をする場合

自転車撤去のお知らせを共有部掲示板などに掲示し

全戸に同様のお知らせを投函するようにしています。

約1か月の周知期間を経て自転車を撤去するという流れになっております。

もし不要な自転車でお困りの場合は一度ご相談ください。

今後ともよろしくお願いいたします。

ゴミの対策について

2020年6月28日

こんにちは

センチュリー21の中村です。

東京では緊急事態宣言解除後では最多の

コロナウイルス感染者が記録されたようです。

気温も高くなってきており、マスクを着用することも

つらい時期になってまいりましたが、できる対策を

取りながら過ごしてまいりましょう。

さて今回はゴミの対策について書きます。

私は明石市より通勤しておりますが、

武庫之荘をはじめ弊社管理物件のある阪神地域では

カラスの被害が多いことに驚いています。

ゴミ出しの際にネットを付けなければ荒らされてしまうため

適度にゴミネットのメンテナンスが必要となってきます。

代表的なものとして

カラスいけいけ

があります。

サイズも様々なものがあり箱型ですのでカラスなどの

鳥にゴミを荒らされにくい構造となっています。

ゴミステーションがもともと設置されている物件では

大きさが決まっており、設置が厳しい場合もありますが、

ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか?

これからもよろしくお願いいたします。

設備と残置物の違いとは?

2020年6月21日

こんにちは

センチュリー21の中村です。

全面的に他県をまたぐ移動が可能となり

昨日は土曜日ということもあり、多くの人が観光や買い物など

出かけられている様子が各メディアで報道されておりました。

手洗いうがい、マスク着用などの感染防止策を取り気を付けながら

我々も行動してまいります。

さて

今回は設備と残置物の違いについて書かせていただこうと思います。

住居内にエアコンなどの備品を置かれている物件では

その備品が「設備」なのか「残置物」なのかを区別しておく必要があります。

~「設備」とする場合~

備品は「付帯設備」となり、部屋と一緒にその設備を貸すという扱いになります。

設備の修理が必要となった場合オーナー様の責任と費用分担で対応することになります。

~「残置物」とする場合~

備品は「残置物」となり、もし修理などが必要となった場合

「残置物」の修理・交換の責任はオーナーには発生しません。

ただし借主が不要と判断した場合、オーナー様が撤去・処分する必要があり、

また借主が許可なく撤去・処分することも可能となります。

また「残置物」は借主の入居時点では使用可能な状態でなければいけません。

このように備品の違いを明確にしておくことにより

借主が入居してから発生するであろうトラブルを未然に防ぐこと

につながります。

特に分譲マンションを所有しておられるオーナー様におかれましては

借主と結ぶ賃貸借契約書を必ずご確認の上

備品を「設備」とするのか「残置物」とするのか

明記しておく必要があります。

今後ともよろしくお願いいたします。

PFI事業 ~西昆陽住宅抽選会がありました!!~

2020年6月14日

こんにちは!

センチュリー21の中村です。

本日は暑かったですね…

先日梅雨入りしたばかりですが、先が思いやられます…

さて

弊社資産管理課ではPFI事業に取り組んでおります。

PFI事業とは地方公共団体が公共事業を実施するために

民間企業と協力しながら公共施設の設計・建設を行う手法で

本日6月14日に尼崎市西昆陽会館にて

弊社担当の今津を中心として行ってまいりました、

8月より入居開始予定の西昆陽住宅の入居希望者抽選会がありました。

今回は新型コロナウイルス対策といたしまして

・入居希望者様来館時の手のアルコール消毒の徹底

・来館者には手袋を手渡し、抽選時に着用していただく

・運営スタッフはマスク、フェイスシールド、手袋を着用

・座席間隔を広く取り、窓を開け常に換気する

・原則抽選者を一人とし最少人数での参加を促す

などの対応を取り、大きな混乱もなく無事終えることができました。

私も抽選会の運営にかかわりましたが、

日当たり、同線の位置、階数、角部屋に住みたいなど

様々な入居希望者の意見をうかがうことができました。

来年以降も弊社のPFI事業は続きますので

より一層資産管理課一同

努力してまいります。

今後ともよろしくお願いいたします。

各店舗ならびに本部での感染対策

2020年6月7日

センチュリー21の中村です。

各物件を巡回させて頂いている時に信号待ちをしていると、

道路情報版に気温30度と表示されていました。

いよいよ夏が近づいてきていると感じています。

さて弊社各店舗では新型コロナ対策といたしまして

自動ドアを常に開けて換気しており、

入り口に消毒用アルコールを設置しています。

さらに接客時にはマスクを着用し、机や椅子の消毒を徹底しております。

また資産管理課のございます本部でも同様の対策を行っております。

管理物件でのご相談で来店される場合には安心してご来店下さい。

まだまだ気が抜けない日々が続きますが

健康第一に過ごしてまいりましょう。

22か月連続管理物件稼働率UP達成いたしました!!

2020年5月31日

センチュリー21の中村です。

先週の投稿でもお伝えしましたが

やはりコロナウイルス第2波がやってくるようです

北九州市や東京都では感染者が再び2桁となっており

今後も私たち自身がどう行動するかが大切となってきます。

気を抜かず最新の情報を確認して対応していきましょう。

さて5月も最終日となり資産管理課では今月も退去件数24件に対し

新規入居申込が33件と22か月連続で、

管理物件稼働率UPを達成することができました。

コロナウイルスで世界中が混乱する中で、今やるべきことを

各店の営業マンと本部スタッフが共に考え行動に移した成果です。

これからも継続し、まずは24か月

すなわち二年間継続して管理物件稼働率UPを

達成できるように、行動していきます。

6月もよろしくお願いいたします!!

まだまだ行動に気を付けましょう!!

2020年5月24日

センチュリー21の中村です。

今週に入り近畿3府県でも緊急事態宣言が解除となり、

明日以降首都圏と北海道でも緊急事態宣言が解除となるようです。

しかし今回のコロナウイルスの主な特徴として、

・有効なワクチンが現時点ではない

・無症状感染者の存在

・感染力が強く、クラスターが発生している

などが挙げられます。一部報道では潜伏期間が約2週間である

ということも言われています。

これまでの全国的な緊急事態宣言により

現在新たに新型コロナウイルスに感染する人の数が

減っていますが、強力な感染力と無症状感染者が存在する

ということを考えると、まだまだ行動に注意する必要があります。

なかなか先が見通せませんが、ともに乗り越えていきましょう!!

コロナウイルスの影響 ~店舗編~

2020年5月17日

こんにちは。センチュリー21の中村です。

全国的な緊急事態宣言も一部地域で解除となり、

経済活動再開への一歩となるか注目されていますが、

弊社のございます兵庫県では緊急事態宣言が継続しておりますので、

引き続き三密を避ける等対応していきましょう。

さて今回はコロナウイルスが店舗に与える影響についてです。

店舗においては緊急事態宣言による営業時間短縮や自粛などで

売り上げの大幅な減少などにより賃料の減額を申請したり、

賃料を支払えない店舗も増えてきております。

国土交通省では3月31日に賃料の支払いが困難なテナント・店舗

においては賃料の減額に応じるよう不動産関連団体に要請しております。

オーナー様におかれましては賃料の減額は法的義務ではありませんので

素直に応じなくてもよいのですが、もし賃料の減額・免除をされる場合は

「期間」・「期限」をはっきりと決めておくことが大切です。

また免除ではなく支払いの先延ばしを選択することも一つの手段

と言えるでしょう。

オーナー様と店舗経営者様の双方の理解と協力で

この苦境を乗り越えられるよう努力していきましょう。

住居確保給付金について

2020年5月10日

こんにちは。センチュリー21の中村です。

今年のGWは新型コロナウイルスの影響により

自宅で過ごされた方も多いのではないでしょうか。

日本全国に緊急事態宣言が発令されてから約1か月がたち、

様々なところで大きな影響が出ています。

入居者さまの中には「今月家賃を払うことが少し厳しいかもしれない」

と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

そこで尼崎市、西宮市、伊丹市、宝塚市では

「住居確保給付金」を申請すると支給を受けられる制度が始まっております。

各市町村窓口で申請を行うと、離職等に伴い経済的に困窮し、住居を失った人または

失う可能性のある恐れのある方に対して、

一定の条件のもと一定期間の間、自治体からオーナー様に家賃を支給される仕組みになっております。

弊社管理物件にも各市町村の問い合わせ窓口の連絡先等を掲示しております。

世間の情勢は一段と厳しくなっておりますが、

共に乗り切っていきましょう。

4月より入社いたしました中村です。

2020年5月3日

はじめまして!

4月3日よりセンチュリー21アクロスコーポレイションに入社致しました

中村 滉です。

資産管理課は生活に必要不可欠である住宅を

保有するオーナー様に代わって管理する仕事です。

私は祖母の保有する不動産をどう活用していくか

学べる仕事がしたい。という思いから資産管理課を希望しました。

実際に働きながら感じることは

「複雑で幅広い仕事」であるということです。

マンションの電球交換や外壁工事の発注

入居に関する各種の手続き、オーナー様との面談など

幅広い仕事があります

また賃貸借契約書や各種保険の加入手続きなど

管理物件によって仕様や方法が異なることも多く

複雑な仕事もたくさんあります。

このような仕事を通してオーナー様と入居者様

双方が満足していただける仕事をしなければならない。

と強く感じています。

まだまだ学ぶことが多く

先輩方に頼らなければいけないことも

多くありますが、自分が今できることを

精一杯できるよう努力します。

今後ともよろしくお願いいたします。